勃起障害で病院に行くなら何科を受診すべきか

最近勃起に衰えを感じたなと思ったり、勃起してもすぐ元に戻ってしまうなど、男性器の勃起障害は放置しても治る見込みが少ないので、病院で治療することが推奨されています。
しかし、どこで受診すれば良いのか分からなかったり、間違ったところに行くと恥ずかしい思いをしてしまうので、どこで受診することができるのか確認しておきたいところです。
勃起障害は様々な要因によって起こる病気なので、その症状によって行く診療所も違うと思いがちですが、基本的には男性器の問題には泌尿器科が受けるようになっています。
生活習慣による血行不良などの器質性の問題であれば間違いはなく、ストレスやトラウマといった心因性の問題でも治療は受けられます。
しかし、病院によっては生活習慣が原因となる場合は内科でも対応しているところがありますし、精神的な問題で起こるのであれば精神科でも受け付けています。
とはいえ、どこの病院でも対応するわけではないので、内科や精神科が受けやすいからその病院にしたいと考える場合は、電話で一度確認してから通うようにしましょう。
また、診療科で迷うようであれば、勃起障害の治療を専門とした病院があるので、そちらに通う方が良いでしょう。
一般の病院では女性が受付をしていることがほとんどなので、最初に何の治療にきたか言うのも恥ずかしくなりますが、専門の病院なら男性のデリケートな問題に配慮した施設となっており、医者だけでなく受付などのスタッフ全てを男性のみで揃えてあります。
また、病院が目立たない場所に設置されていたり、大きな看板を出すこともなく、何の治療を行っている病院なのかも分かりづらくしてあります。
病院の先生は男性の性機能の治療を主にした専門なので、問診や治療なども丁寧に行ってくれるので心強い味方となります。