薄毛治療で勃起障害が現れたときは医者に相談しよう

一定の年齢になってくると、薄毛についての悩みを持っている人が増えてくると思います。
近年の薄毛の原因としては男性ホルモンの影響によるAGAが多いと考えられており、その治療薬としては男性ホルモンの作用を抑制させることで、薄毛の促進を食い止めるものとなります。
薄毛治療のためにAGA治療薬の服用を行っている人がいると思いますが、AGA治療薬には一定の副作用を発症させる可能性もあり、その一種として精力の減退などがみられることがあります。
薄毛を治療することを目的として医薬品の服用をしているうちに、勃起障害の症状がみられるようになったときには、速やかに医者に相談することがおすすめとなります。
一般的には、AGA治療薬とED治療薬の併用は禁止されているわけではありませんので、勃起障害の症状が現れたときには、バイアグラなどの医薬品の処方を受けることができると考えられます。
日本の医療機関ではバイアグラを筆頭に、レビトラやシアリスといったようなED治療薬についても承認を受けていますので、専門治療をしている医療機関で処方してもらえます。
ただし、AGA治療薬も含めて医療機関で処方してもらったときには、健康保険が適用されないなどの問題によって、かなりの費用がかかることを覚悟しておかなければならないでしょう。
安く治療薬を購入する方法としては、インターネット上で販売されている海外から個人輸入の方法で入手された医薬品を販売しているサイトがありますが、それらのサイトを利用するときには高い信頼性を持てる業者かどうか判断する必要があります。
海外ではバイアグラなどのジェネリック医薬品の販売も行われていることから、代行業者が運営をしているサイトでは、安い価格で治療薬の販売が行われています。